HOME > 小児矯正

小児矯正

子供の矯正とは

子供の矯正治療を始める時期は?
子供の矯正についてのイメージ

はやと矯正歯科では子供の時期から矯正を行うことをおすすめしています。子供の時期に矯正をすることで、より理想的な治療を行うことが出来るからです。大人は顎の骨の成長が終わってしまっているので、歯を動かすだけの矯正になってしまいますが、子供はまだ成長段階にあるので、ある程度顎の成長をコントロールしながら矯正を行うことが出来ます。顎の成長をある程度コントロールでき、大人になってから再度矯正治療が必要となる場合でも、矯正の治療期間が短くなり、良い治療結果が得られやすくなるというメリットもあります。

小児矯正(子供矯正)では、お口の状態により治療目標が異なります。
小児矯正は、開始する時期の違いによってⅠ期治療とⅡ期治療に分けることができ、Ⅰ期治療は4~5歳の乳歯だけの時期から11歳くらいまでの永久歯と乳歯が混在している時期までの期間です。Ⅱ期治療は生えそろった永久歯全体の噛み合わせを整えるための治療です。

Ⅰ期治療ではあごの骨のバランスや大きさを整える骨格矯正で、いわば土台を整えるのを主目的としています。
Ⅱ期治療はすべての永久歯の位置を整えるため本格的矯正装置による治療です。

Ⅰ期治療(永久歯が生えそろっていない時期)

Ⅰ期治療はまだ小さく柔軟なお子様のあごの成長を促進または抑制することによってバランスを整えることが目標です。このことでなるべく永久歯を抜かないで歯並びを整えることができます。
さらに、Ⅰ期治療であごの骨を整え大人の歯がきちんと並ぶ土台ができるため、Ⅱ期治療そのものが必要ない場合もあります。Ⅰ期治療を大きく分けて4~5歳の乳歯だけの時期と6歳から11・12歳までの乳歯と永久歯が混在する・混合している時期に分けられます。

床矯正

拡大床のイメージ
拡大床のイメージ
  • 拡大床のイメージ
  • 拡大床のイメージ
  • 拡大床のイメージ
  • 拡大床のイメージ

Ⅱ期治療(永久歯が生えそろった状態)

Ⅱ期治療は個人差はありますが、永久歯が生えそろう11~12歳から成人までの方が対象です。主にワイヤーなどの固定式歯列矯正装置を使って、歯並びや噛み合わせを整え、正常な咬合を完成させていきます。育ち盛りのお子様は、細胞の活性がさかんなので、成人後の矯正治療に比べますと歯を動かしやすい利点があります。この時期にしっかり歯を理想的な位置に移動させておくと、後々とても助かります。

はやと矯正歯科 Hayato Orthodontic Clinic

名古屋市昭和区隼人町1-4清楽ビル2F

大きな地図で見る
診療時間 10:00~12:00 月火水金土○ 14:00~19:30月火金土○

休診 水曜午後、木曜、日曜祝日

お問い合わせの際はHPを見たとお伝え下さい

お問い合わせ 詳しくはこちら